この日を迎えて思う事

  • 2015.01.07 Wednesday
  • 09:29
 
あるいは今日は人生で一番思入れのある日なのかもしれない。

おと年2013年の今日はその後2年間の出来事なんて想像すら出来ていなかったんだけど。


2013年6月、ふとした弾みでソルが私の脚にぶつかり、もしかして見えてないのでは?と疑問に思いかかりつけの病院に行ったのが始まりでした。

それから眼科医を探し(主治医とのコネクトがある病院が遠くて不便だった)白内障だけでなく先天性の網膜の異常ですでに視力をほとんど失っている事を聞いて、お散歩を嫌がっていたのは見えてなかったからなのに私はそれを無理強いしていた事、こんな重大な事に気づいてあげられなかった事、にショックで病院で号泣してしまったのでした。

ソル


その後のソルの眼の状態は驚く程早く進行しあっという間に右目が緑内障になり視力を失い慌てて左眼の白内障の手術をしたけれど、そして術後に光が見え始め、つらい手術も無駄ではなかったとほっとしたのも束の間、感染症を起こし再び痛みに苦しませたあげく炎症が治まるとソルの眼はすでに完全な盲目になってしまっていました。

点滴

その間8月にはコロニータの心臓病が発覚し、翌月には深夜私の横で突然倒れ直ぐに入院。ようやく退院しても咳き込みが激しく見るに見かねて心臓病医のいる専門の病院へ。それからは眼科医、心臓病センター、主治医と3つの病院を週に5日通う状態が続きました。

2人の(2匹ですね。)病状はそれこそジェットコースターに乗っているように状態が次々と変わりそんな中で迎えた2014年の今日、正直祝う気持ちなんて全くなかった。

水ふたりの飲み水を変えてみたりもした。


もちろんそんな中でも仕事はしなくちゃならないし、お客様を迎えなくちゃならない。ケーキを焼きながらわんわん号泣してしまう事も頻繁で、ある時など出店のお客様が時間外に上まであがってくださったのにボロボロとこぼれる涙を収める事も出来ずあきれられる失礼も。

でも、それはまだ序の口でした。

2014年夏、朝、病院で200mlの腹水を抜いてもらい気管を広げる注射を打ってもらった直後ふらつくコロニータを先生(担当医ではなかった)は薬のせいで眠くなるからふらついてる。って仰ったけど何かがおかしい。眠いから。なんてとても思えない。夕方担当の心臓医が病院に入る時間まで悩んだけどやっぱりおかしいと連れて行ったら即酸素室に直行。入院。

息も絶え絶えな状態のコロニータを半日もほっておいた自分の判断をくやんで号泣しても心は納まらず叫びたいくらいだった。そのまま朝の先生の言う事を信じていたらどんなことになっていたやら。

この時の精神状態はもうマックスで今思い出しても涙がぼろぼろこぼれてきます。

茶碗コロニータのお茶碗にひびが入っただけで激しく動揺した。

茶碗そうしたらソルのとお揃いのデッドストックを探して送ってくれた。ありがとう。Glass Fish




泣きながらFBで皆さんに応援を頼んで、それでもたまらず両親に号泣しながら電話をして、朝、晩の2回栄養食をコロニータに食べさせる為に病院に行く途中も泣きながら自転車を走らせて。でも病院の前で涙をふいて心を落ち着かせて笑顔でコロニータに向かって。

コロニータは敏感だから私が悲しいと心配するんです。どんな時でも。

そして担当心臓医からの余命宣告

「この子はもの凄いバランスでかろうじて頑張っています。普通だったらもうこの世にはいない命です。もって後半年か。。。。1年。。。」



コロニータは11月28日生まれ
ソルは12月21日生まれ

それからクリスマスがあってお正月があって

で、私が1月7日生まれ


我が家のイベントはこのひと月半にすべて集まっているんです。


だからあの時、2014年のコロニータのお誕生日が迎えられる事もソルのお誕生日のことも何も考えられなかった。

というより考えたくなかった。

余命を数えるようで先の日にちを考えるのが怖かったんです。



今日、私はお誕生日を迎えました。

我が家のイベントでは私が『とり』です。

つまりコロニータのお誕生日もソルのお誕生日もクリスマスもお正月も無事3人で迎えられた。という証の日。

正直来年の今日、私がどんな状態なのか想像もしたくありません。

でも、


出来れば来年、また思いを上書きしてさらなる喜びの日にしたい。


そう心から願っています。


ソル君の毎朝の眼の洗浄に3種類の目薬、コロニータの朝と晩それぞれ11種類のお薬、そして2人の身体に合わせたご飯作り、おやつ作り。


老人介護っていうけど正直老犬介護も大変です。もう一人私の手助けが欲しいと思う事もしばしば。

でもますます2人が愛おしくて愛おしくてその思いは高まるばかりです。
本当に可愛い。以前よりずう〜っと可愛い。愛して愛して止まない存在です。


どうか来年の私が今日の私を上回る喜びに溢れていますように。
そしてそれをまたここで皆さんに報告出来ますように。


今日は長々と私の独り言にお付き合いありがとうございました。


ふたりコロニータ13歳、ソル11歳、私、数えたくも言いたくもない歳。












2014年に感謝

  • 2014.12.31 Wednesday
  • 13:51
 
年越しそば

今日で2014年も終わりですね。

今年はいろいろな出会いに恵まれた年でした。
その新しい出会いが出会いを生んで広がりをくれ
またそれに励まされ自分の仕事に自信を付けられた年でもありました。


コロニータとソルには昨年にも増して色々なことが起きた年でもありました。
特にコロニータは夏に非常にシリアスな状態になりましたが奇跡の生還を果たしてくれました。
ソルも手術でかすかな光が射すようになった目が再び完全に見えなくなりしばらくは引きこもり状態が続いていましたがようやく慣れてくれました。

『感謝』

2014年を表すとしたらこの『感謝』の言葉しかありません。

多くの方々の応援や励ましの声に背中を押して頂いて仕事も犬達の世話も頑張れました。
本当にありがとうございました。

またこれからも頑張って行こうと思っていますので
引き続き応援をしていただけたら嬉しいです。


ありがとうございました。


2014年 12月31日  かや乃
 コロニータ
 ソル







お疲れさまでした。

  • 2014.11.09 Sunday
  • 09:58
 
11月8日午後10時 103歳の祖母が永眠しました。

計らずしも両親の57回目の結婚記念日
祖父(12/8命日)とひと月違いでした。


父の母親ですが母との方が仲が良く、よく「お婿さんかと思っていたわ(つまり母の実の母と思われていたんですね)」と言われる程でした。

100歳まで両親は自宅で面倒を見ていましたからいわゆる”老老介護”です。
最後の数年は時々訳の判らなくなることもあり、それが生真面目な母を苦しませたらしく、

それでもとてもかいがいしく優しく面倒を見ていたようです。

私は訳の判らないことを言う時はもうあの世と言ったり来たりしている時間なんだから
「あ、今妖精になっているな。背中から羽が生えているな。」って思うように勧めました。

これは割と効果的だったらしく少しは母のストレスを緩和出来たようです。

100歳まで自宅で面倒を見ていたのにそれを止めたのは祖母自身でした。

散歩中にこけて大腿骨の骨を折ったのです。

それから入院、リハビリ病院を経てホスピタルへの入居となりました。

病院もリハビリ病院も自宅から2本もバスを乗り継がねばならない程遠くでしたが
母はせっせと本当に良く通って祖母の世話を頑張っていました。


ようやく自宅側のホスピタルに入居出来てからも
母が足げく祖母の元へと通うのは変わりません。

だんだん寝ている事が多くなり反応も少なくなっても色々話しかけては顔を拭いてやったりクリームを付けてやったりしていたようです。


11/10日お通夜、11日葬儀

残念ながら私はコロニータのコンディションを考えると参列する事が出来ません。

主治医と相談しましたが病院内のホテルに泊める事は出来るがコロニータのストレスを考えると保証出来ない。と言われました。

親不幸ならぬ祖母不幸ですね。
でも、祖母は許してくれると思います。

小さい頃からおばあちゃんっ子だった私を祖母はとても可愛がってくれました。

学生時代から時々上京して来ては数ヶ月滞在して私の面倒を見てくれました。
これは社会人になっても続きました。

歳をとって上京が難しくなってからは私が帰省する度に私の作る食事を

「かやん(私の家族は私をこう呼びます)のごはんは何でも美味しいね」

と、必ず褒めてくれ、いつだって残す事なくキチンと食べてくれました。


大好きだった祖母、今頃はアチコチを訪ね歩いている事でしょう。

どうか安らかに眠って下さい。

あ、コロニータにその元気な心臓を、
ソルに丈夫なその身体を譲っていってね。

You are what you eat

  • 2014.11.06 Thursday
  • 09:09
 
何度もしつこいようですが私は食べ物に気を使っています。
それは出来るだけ手作りをする。と言う事

食材もオーガニックでなければならない訳じゃなくて
出来るだけ新鮮なものを自分の目で選んで使う。

コンビニ、ファストフードのものは出来るだけ食べない。

と言う緩い感じです。

そんな私ですが改めてショックを受けた映画があるので今日はそのご紹介をしたいと思います。

(画像は全てお借りしました)

えいが

FOOD INK ←リンク貼ってあります。


2年半NYに住んでいる時に学んだ事、それは富裕層は痩せているのに貧困層に驚く程肥満の方が多いと言う事。

富裕層が高級スーパーでオーガニックの食材を選んで買い物しているのに
貧困層はファストフードを食べているから肥満する。

その理由と現実がこの映画で確認出来ました。

スーパーで買うフレッシュな野菜やフルーツより
身体に悪いと判っているけどファストフードの方がはるかに安くてお腹がふくれるから。

第一、低賃金で長時間労働しているから料理をする時間もない。

だから僅か$1で買えるファストフードを食べる事になり肥満に繋がる。

そしてそのファストフードの食材の恐ろしさは皆さんもご存知だと思うけど
それどころか、スーパーで販売されている食材の殆どがすでに

食材 ⇒ 工業製品

へと変わって来ている。という現実


もうね、恐ろしすぎます。この事実


そもそも私がファストフードを止めるきっかけになったのが


えいが


この映画でした。
DVDについているボーナストラックで決して腐らないフレンチフライを見た時、

私はマクドナルドを食べるのを止めました。


そしてその後、


えいが



この映画を見てから他のファストフードも食べられなくなりました。
何だか気持ち悪くて。

いえ、正直に言えば一度だけ食べました。

代々木上原にBurger Kingがオープンした時、懐かしくてハンバーガーを食べたんですが

どうしてもこの映画が頭にちらついて全然楽しめなかった。


それから


やっぱり出来るだけ手作りをしてよう。と思って現在に至ります。

幸い私は料理が好きですが
でも人の為に作るのは好きでも自分の為に頑張る気分にはなれない事が多いんです。

そんな時、何か簡単に買って来たものですまそうかなぁ。と思う時もありますけど
実際、お惣菜を見てもファストフードを見てもやっぱり買う気になれない。

ま、いいんですけどね。それは。

私の健康に役立っているし、仕事にも繋がっているから。


でも、今回この映画を見て
思っていたよりもはるかに食材に根深い汚染があるのを知ってうんざりしました。


子供達の未来はどうなるんだろう???


このFOOD INKはドキュメンタリーですからなおさらショッキングな内容ですが
良かったら見て下さい。



映画

この『ありあまるごちそう』も良かったら。









気持ちの持ちよう

  • 2014.09.23 Tuesday
  • 19:09
 
さんどうぃっち


相変わらず毎日のようにパンを焼いています。

bagel

つるぴかベーグル作ったり

サンドゥィッチ

ムチムチぱんを焼いたり


時間があればサンドウィッチも作ったり


べーぐる

お教室を開いたくらいですからベーグルなんか目をつむっていても出来ます。。。。

。。。のハズなのに


bagel

ん?左に見えるのは????


?


コレ、なんでしょう〜?






。。。。。。。イースト、入れ忘れました。

しかも成形迄してようやく気づく。という。。。。

。。。。。。しばし考えて


もったいないので焼いてみました。

左がそのまま焼いたもの。右がケトリングしてから焼いたもの。(どうでもいいわね)

もちろん食べました。食べ物は粗末にしてはいけません。

いえ、味はいいのよ。味は。。。食べられる。。。(負け惜しみ)


ぎゅーーーーーっと締まっているのでよく噛むから直ぐに満腹になってダイエットに良いかも(負け惜しみ、アゲイン)


いや〜、こんな失敗初めてしました。


それどころか、お料理教室の準備をしていて包丁を研ごうとして自分の指当てて切れ味を見たり(痛!!!)

話のピントが合わなかったり、、、

見るに見かねて生徒さんが自分の為にしていた骨盤ベルト貸してくれました。

これが素晴らしかった。おかげさまで無事お教室を出来ました。

なんで骨盤ベルト?それは又今度。

早速オーダーしたので届いたら情報をシェアしますね。



で、本筋。何故私がこんなにボケボケだったか??と言うと

この1週間、殆ど寝ていないんです。うとうとするくらいで。

コロニータの咳き込みが酷く、咳止めシロップを処方してもらっているんだけど
これがだんだん効きが悪くなっちゃって

人間と同じで夜間の咳き込みが酷いので2時間置きにシロップを飲ませて
その間はずう〜っと背中をさすってあげていたので
寝るどころじゃなかったんです。

苦しそうで、苦しそうで、、、

それに何だかまた肺に水が溜まったんじゃないか、心配にもなってきて。

咳止めの在庫も心もとなくなって来たので病院に取りに行きたいんだけど
まだまだ仕事が終わらなくて夜中になりそう。どうしよう。

なんて思っていたら心臓の先生が薬を届けて下さいました。

有り難い〜。なんて親切な!

ついでにコロニータの様子を見て下さって

「この様子だったら大丈夫ですよ。ステロイド治療を始めても良いかも」とのお言葉迄!!

先月末には死にかけて酸素室に4日もいたコロニータ

7月末からろくにご飯を食べなくなり

その頃から私は心配であまり寝る事が出来なくなり

特にこの1週間は咳き込むコロニータの背中をさすりながら

ありもしない念力をもしかして、とすがる様な思いで念じながらさすり続けたのに

この先生の一言が「ぽんっ」と私の中から何かを排出してくれたみたい。


現金なもので


咳き込むコロニータの様子もなんだか余裕をもってみていられて

「大丈夫。コロニータの咳は直ぐ止まるから。先生も大丈夫って言ってたわよ」

なんて余裕の受け答え(通じているかどうかはともかく)


おかげで夕べは久しぶりに3時間くらい続けてぐっすり寝ました。

その間、コロニータは咳き込んでいたのかなぁ?

ごめんね。辛い思いをしていたら。


しかし、言葉の威力はすごいですね。
たったひと言がコロリと私を変えたんですもの。


『言霊』を信じているからうかつな事は声に出して言わないように心がけているけど

『ひと言』が人の(私の)コンディションをこんなに変える力があるのなら

日頃の人にかける言葉に神経を使わねば。と思わせた事件?でした。



しかし、コロニータ、良かったーーーーーっ!!!
ありがとうございます。先生!!そしてコロニータ!!!














いまわのきわ

  • 2014.09.20 Saturday
  • 08:51
 


今日は祖母の103回目のお誕生日です。

でも、もう本人にはお誕生日を迎えた感覚は無いかも知れません。


先月末から介護付き老人ホームから病院へ入院した祖母

先週から食べる事を止めたらしく病院の判断で鼻から管が。

それを見た母は驚愕しましたが何も先生に言えなかったそうで黙って帰って来たそうです。


それを聞いてもの凄く悲しくなりました。


祖母は確実に旅立ちの準備を始めているのに鼻から管で食事を入れるなんて可哀想

鼻は食事をするところではありません。

もちろん本人に意志があって選んでいるのならかまわないのですが

もう意識も朦朧としている祖母に何故痛い思いをさせるのか。


でも、母は先生に「全ておまかせします」と言った手前、先生の判断に抗えないと言いました。




難しいところです。




私の家族は『延命治療はしない』という点で意志の確認を済ませています。


だから母も鼻から管で食事を入れられている祖母の姿に驚愕したのでした。
でも、だからといって『やめて』というのは難しい。先生の判断に失礼になるのではないか。と危惧しているのです。


そういう母の気持ちも理解は出来ます。でも止めて欲しい。


母を傷つけたくもなかったけど、

「鼻から管を入れられたら痛いわよ。辛いわよ。せっかくゆっくりと枯れながら旅立ちの準備をしているのに、そのまま枯らしてあげるのは難しいのかしら?」
「おばあさまはもう充分生きた満足があるから自然にフェードアウトしているのにそれを阻むのは医療とは言えないのじゃないかしら」

とついつい言っても詮無い事を言ってしまいました。母だって嫌なんです。管になんか繋げたくない。


何とも後味の悪い状態で電話を切りました。


そうしたら翌日、母から

「今日病院に行ったら管が抜かれていたの。口の周りに血がついていたからおばあさまがきっと嫌がって暴れてはずしたんじゃないかしら?」

ちょっとホッとした明るい母の声でした。
母も私以上に鼻から管を通している祖母の姿を見たくなかったんです。

「どこか怪我をしたのか心配で口の中を見ようとしたけど開けてくれないからしょうがないから少しでも綺麗にしてあげようとガーゼを濡らして拭いてあげようとしたらそのガーゼの水をちゅうちゅう吸うの。のどが乾いていたのね。水をあげたら怒られるかも。って思ったけど、もう一度水で濡らして吸わせてあげたわ」


さすが母です。



祖母は父の母です。母とはなさぬ仲です。普通はね。
でも母は祖母の事をそれはそれは大切にしてきました。

近所の人は祖母と母が実の母娘と思っている方も少なくないほどです。

そして実際祖母が100歳まで自宅で世話をしてきました。

半分フェアリーになって時々わからないことを言う祖母に辛抱強く向き合って来たのです。

その母の世話を降りたのは祖母でした。

お散歩中に溝に落ちて骨折して入院生活が始まったのです。

それと共に祖母がフェアリーでいる時間が増えて来てケアマネージャーさんやお医者様のアドバイスもあり自宅には帰らずホスピスに入る事になったのです。


そして3年、今度は肺炎を起こして自宅近くのホームドクターの病院へやってきたのです。


なんてキチンと準備万端な旅立ち準備なんでしょう。


103歳ですからね、大往生です。

もう完全に食べる事を止めていますから長くてひと月と先生が仰ったそうです。

その時が来たら悲しいのかも知れませんが

私は祖母の今際の際に向かう準備の正しさ、美しさに正直感動をしています。


すごく全うな逝き方を祖母は着々と歩んでいる。

なんだか、あっぱれ!!とエールを送りたいくらいです。



だってこれが本当の逝き方なんだと思うからです。



何故、こんな事を長々と書いているか。


モチロン祖母に捧げるエールもありますが


今、介護している私の愛犬、コロニータの事を重ねて思っているからなんです。

犬ですが私にとっては娘同然の存在です。




コロニータの命もそう長くはありません。


少し前のもうダメかも。と思う様な所から見事に復帰してくれていますが
日々、日々体調は変化して先の予想も安心も出来ません。


それでも


私は信じているんです。


コロニータは祖母のように本来あるべき旅立ちの準備をして逝くべきだと。


痛みや苦しみに喘ぎながら逝かせたくないのです。

眠るように逝かせたい。


その為に出来るだけの事をしてあげたいのです。


幸い、私の両親はコロニータが犬である事よりも大切な家族であると思ってくれています。
だから私と同じようにコロニータの状態に一喜一憂してくれています。


これがどんなに心強いか。


コロニータの看病で眠れない夜が続いたりもしますが両親は寝ろ。とは言いません。上手に身体を休める工夫をして最後の最後までしっかり面倒を見てあげて欲しい。その為にもしっかり食べて体力を付け休む工夫をして欲しい。コロニータの世話を出来るのは私しかいないのだからその為にも体力が付くよう自分の体を労って欲しい。と言います。


これの言葉がどんなに有り難いか。


シングルマザー(犬の、ですが)の私には私の代わりになってくれるパートナーがいませんが同じ様な状況を共有出来て人、犬の垣根を感じる事無く同じように話せる家族がいる事を大変幸せに思います。

そしてそれが私のルーツでもある事に誇りも持ちます。


もしかしたらこれを読んで違和感を持たれる方もいらっしゃるでしょう。
それに対しては申し訳ありません。

実際の日々でも犬の為に病院をかけずり回っている私にご好意でしょうが「犬は人よりお金がかかるでしょう?よくなさるわよね?私には出来ないわ。犬の治療に大金を払うなんて」って仰る方もいらっしゃいます。

考え方はそれぞれです。


ただ、私にとってかけがえない家族の命の為に出来るだけの事をするのは当たり前の事だし、今回はそれがたまたま犬であった。という事だけです。


祖母の今際の際の過ごし方をコロニータにしっかり伝授して欲しい。これが今一番私が願っている事です。

コロニータ




何だ祖母のお誕生日なのに重い内容になってしまいました。

祖母へ

お誕生日おめでとう。そのまま安らかに眠るように時を迎えて下さい。








仕事がある幸せ

  • 2014.08.23 Saturday
  • 18:33
 
昨日は感情的な投稿すみませんでした。

でも、今でも悲しくて、悲しくて

なかなか平常心に戻れそうもありません。

寝ても全身から涙がこぼれたかのような大汗をかいては目覚め
極度のストレスがかかっているのを感じます。

ですが


幸いな事に仕事は立て込んでおり

明日のイベント Summer Market 2014 への出品物を制作せねばならず

しかも本日は平行して食卓の準備と

バタバタと忙しくしているおかげで少しはまぎれているようです。


とりあえず本日制作したケーキなど


ブルーベリー

『Blueberry Cake』

いつもお米を購入している川場村の遠藤さんの育てた大粒のブルーベリーがたっぷり入っています。


バナナ

『Caramelized Banana Cake 』

バナナをたっぷり練り込んだ生地にカラメライズしたバナナと胡桃をトッピングしました。



パイン

『Pineapple upside down Cake』

小さく焼くのでちょっと通常と作り方を変えてあらかじめカラメルでパイナップルを調理してから生地の下に敷き込みました。



アボカド

『Avocado & Sesame Cake』

アボカドと白ごまを合わせたケーキにクランブルでお化粧しました。


他にも

『Gateau Chocolat』
『Lime Meringue Cake』
『Limone Cake』

など用意しました。


さて今日はこれから食卓の開催です。


終わったら明日のパンを仕込みます。


頑張るぞ!!!


これからもコロニータの事、ソルの事でメソメソした投稿をしてしまうと思います。
でも、一人の中にしまい込むのは余りにもつらいのです。

出来るだけいつかどなたかの参考になるように書こうと思いますが
見苦しくても御容赦願います。


メキシカンコーンで思いを馳せる事

  • 2014.08.13 Wednesday
  • 10:02
 
コーン

『メキシカンコーン』


NYに住む事が決まった時、私が選んだ街がクイーンズのジャクソンハイツという街

友達が住んでいる。というのもあったけど

何よりの魅力はこの街が正にMelting potだったから。

NY、それもマンハッタンはMelting potって言われるけど私が選んだジャクソンハイツは
移民の人が普通に住んでいる住宅街。

その中でも1ブロックごとに人種が違うエリア。と言っても過言ではないくらい様々な人種が住んでいたの。


実際、近所にはマンハッタンの有名店の本店がいっぱいあったし、マンハッタンと違って白人率が低いのも面白かった。
そしてそんなお店の側にはまたお国柄たっぷりのスーパーマーケットがあるのよね。


私はNYに住んだ2年半の間、クイーンズの色々な人種のエリアに行っては現地の人の味付けそのままのお料理を食べてはその近所のスーパーマーケットに行ってはキャリアの有りそうな主婦らしき女性をつかまえては知らない食材の調理の仕方を聞いたりしていたの。

あとはブルックリンも良く行ったわねぇ。

ブルックリンはマンハッタンよりオシャレな街が多かったけど、他にはクイーンズには無いロシア人街とかポーランド人街とかあってそれも面白かった。

そしてやっぱりスーパーマーケットを覗く訳。で知らないものを見つけたらすかさず聞く。


そうやって世界のお料理を食べ歩いたの。


長年、年に2回の休みは必ず海外に食べる旅をしてきたけど
この2年半のNY生活で経験した事は今の私のお料理に凄く役に立っているわね。

旅行では味わえない点は


まず、何度でもそのお店に通えた事
そしてすかさず材料を仕入れて自分で作って確認出来た事
それにインド人やペルー人の友人が出来て直接お料理を習えた。っていうのもあるわね。


今日のお料理もNYでの経験から作った夏になると食べたい一品


マンハッタンからフラッシングという第2のチャイナタウンに向かう7番線の電車は高架になっていて丁度私の家の近所のあたりはメキシコの屋台が並んでいたの。

ソフトタコスの屋台やタマレスというとうもろこし粉で作った蒸し料理なんかも
このエリアでよく食べていたの。
その中にこのメキシカンコーンの屋台もあった訳


確かマンハッタンのカフェハバナって言う所のコーンが有名だと思うけど
近所で本物が食べられるんだもの。わざわざ行かなくても。ねぇ。


私のお気に入りはジャイアントコーンで作ったコレだったけど
日本じゃ手に入らないから普通のコーンで。

あと手に入らない物と言えばチーズ

メキシコのスーパーにはケソ コティハっていうフェタに似た塩の強いチーズがあって
これは私のお気に入りだったの。

いつも賽の目に切ってオリーブオイルとニンニクスライスとハラペーニョでマリネして冷蔵庫に常備していたなぁ。

このチーズをパウダーにしたのがこのコーンにはかかっているんだけど
日本では手に入らないから代わりにペコリーノチーズで代用

あとはスモークパプリカを使う事で独特の風味をつけてそれっぽく仕上げる。



本物とは違うけどNYを懐かしく思い出させてくれる大切な一品です。

道具は大切/灯台元暗し?

  • 2014.07.02 Wednesday
  • 10:27
 
お教室の時に私が使っている道具について良く質問を受けます。

忙しい中、出来るだけ手作りのご飯を作ろうと思ったら
道具って凄く大切。時短の強い見方です。

特にお勧めしているのがフードプロセッサー

私は仕事柄クイジナートProを使っていますけど、ご家庭なら普通の家電メーカーの1万程度ので充分なので是非、購入を検討して欲しい。とお伝えしています。

そしてもう一つ『スパチュラ』

スパチュラと一言に言ってもすごく種類があるんです。もう、それは、それは。
こればかりは各々使ってみてお気に入りを探すしかないんです。

そんな私の一番のお気に入りはシリコンで柄と本体一体型のタイプ。

そしてもうひとつ、最後の最後をすくい取ってくれる小型のタイプ。
これは一体型じゃないんだけどヘッドのシリコンだけ別売りしているので消耗頻度が高いこのタイプにはうってつけ。

しかも安い〜。東急ハンズで300円程度で売っています。

「この最後の最後をすくい取る。」ことに私は凄く重きをおいています。

計りで1g単位を几帳面に計っているくせにボールに残った材料は割とアバウトな人が多いのが事実。というか、諦めちゃうのよね。取れないから。

そんな時使えるのを1本持っていると便利

そして何より

!!!洗い物で水の汚れを最小限に食い止められる!!!

エコフレンドリーな私はここを見逃すわけにはいかない。のでお教室時には生徒さんがギブアップしたボールを私が更にすくい取る事もしばしば。

決して嫌みじゃありませんよ〜。

そんな私に「もっとすごいの、ありますっ!!送りますっ!!」と嬉しいオファー

何何、これだけ探している私も知らない優秀な子がいるの?
もの凄く楽しみと期待で届くのをそれはそれは楽しみにしてました。

そしてとようやく

スパチュラ

届きました。ミニスパチュラ。ヘッドのしなりがいいっ!!


試しに瓶に少しだけ残ったマーマレードをすくってみたら

スパチュラ

分かりますか?ガラスのジャーの部分がかなりすくい取られている事に。


これじゃ、わたしの瓶に残ったマーマレードを綺麗に使い切る裏技。が使えなくなっちゃう〜。

ちなみにこれは残ったマーマレードやジャムのついた瓶の中にヴィネガーやオイルを入れてしゃしゃかしてドレッシングにしちゃいましょう。というもの。残す所無く使えるし、容器はいらないし、しかも残ったら蓋として冷蔵庫にしまえる。というアイデアです。

誰?無精って言ったの?ま、そう言われればそうだけど、エコです。エコ。


とにかくこのスパチュラの優秀さには脱帽!!
くださった生徒さんが「指ですくい取るがごとくなんです。」と言っていた通り。


もう嬉しくて感謝のメールを送ろうとして、ふと同じようなサイズのスパチュラ持っていたな?と引き出しをゴソゴソして取り出してみたら


スパチュラ


同じ物、持っていましたーーーーーっ!!!(真ん中)


実はこの一番大きいのが私も最も気に入っているスパチュラなんです。
でも、その後同じ物に出会わなくてネットでコレかな?と買っては失敗の連続。


そしてこのお気に入りスパチュラを買った時、3本セットだったんです。
一番小さいのはお菓子のデコレーションの時にツールとして使っていたんですけど

この真ん中のコだけ引き出しにしまいっぱなしでしたーーーーーっ


もうHさん、重ね重ねありがとうございます。
貴方のおかげで持ち腐れになっていたお宝を発掘出来ました。


そしてもうひとつ。
これでようやくブランドが判ったので間違えずにネットで購入できます。

3重に感謝します〜。


あ〜ホント、灯台元暗しだわ。



モシカシテモットオタカラガカクレテイルカモ?



人参はぶら下げるべきだと思う

  • 2014.06.14 Saturday
  • 09:38
 
ヅケ丼




人参はぶら下げるべきだと思う。
少なくとも私には必須

世の中には驚く程自分に厳しくて、しかもそういう人は大抵成功者で、
このように『努力し続けられる』人こそが天才だと思う今日この頃

で、それが出来ない私のような凡人には
『目の前にぶら下がった人参』のお力が必要なのよ。



ホイル焼き



心臓病になっちゃったコロニータは定期的に心臓専門医に診てもらっているの。

心臓の弁が働かなくなっちゃったから出て行くはずの血液が逆流しちゃってコロニータの心臓はパンパンに腫れちゃっている。

だから少しでも小さくするためには血液の量を減らすしかなく、結果からだ全体の水分を減らすお薬を投与している。

これがね、腎臓に悪い影響を与えるのよ。薬だから副作用はあるのよね。

でも心臓の治療で腎臓が悪くなったらそれこそ命取り

だから心臓病専門の先生に診てもらって立体エコーや血液検査、血圧、時にはレントゲン、と細かく検査をしてはお薬の量を調整している。


この病院が桜新町にあるの。


コロニータ、車酔いするんです。バスもダメ。電車は座らなければ大丈夫。
私も乗り物酔いするからその具合悪さは良く判る。し、心臓の悪いコロニータに負担になる事は出来るだけさけるべし。というお医者様からのアドバイスもあって


自転車で通っているんです。片道40分


ええ、私の自転車は電動アシストよ。
でもね、環七、246と車量の多い道を自転車で走るの、結構疲れるのよ。

まだ今は月2回に減ったからいいけど、去年の暮れは3日おきに通っていたから
診察時間を入れておよそ3時間のこの診察日は

帰ってからコロ&ソル&私はぐったり。いびきかいて寝ちゃってたわよ。

え?ソル?
そう、全く目が見えないソル君はお留守番出来ないのでもれなくご一緒しているの。


でも大切なコロニータの為だもの、せっせと自転車こぎますよ。私






で、何が言いたいかというとね


神田屋さんってお魚屋さんが病院の側にあるの。

ここのお魚がすばらしくって!!
凄く新鮮だし、しかも安いっ!!!

で、病院の帰りには必ずここによってお魚を買って帰るの。
これが私の『人参』




ごめんなさい〜。レベルの低いお話で。


本日の写真はその神田屋さんで入手したお魚を使った私のランチです。

ヅケ丼 まぐろのブツで漬け丼。お刺身わかめもつけたよ〜。


とか

ホイル焼き お買い得鮭切り身でホイル蒸し。


とか


今夜の食卓は神田屋さん一押し 『天然真鯛』 を使ってブイヤベースよん



コロニータのおかげで新たなお楽しみを見つけました。

お近くにお住まいの方、本当に羨ましいわ〜。




calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

ブログパーツ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM