玄米紫蘇酢ごはん

  • 2016.06.30 Thursday
  • 16:39

玄米梅酢ご飯

 

今年の申年は梅仕事に向いているらしいけど、今年に限らず

 

店頭に梅が並んでいるのを見ると『梅仕事』をせずにいられないのは私だけじゃないはず。

 

そんな梅仕事の中でも

 

『梅シロップ』

『赤紫蘇ジュース』

 

この二つは笑っちゃうくらい簡単だし、蒸し暑いこの季節にさっぱりする飲み物としてとっても重宝するから

皆に作るように勧めているの。

で、この⬆️時の記事にも書いたけど
搾ったあとの赤紫蘇の葉っぱを『すし酢』につけておくと
ご飯に混ぜるだけで栄養価の高い酢飯が出来るから。ってオススメしたんだけど
玄米に混ぜるともっと美味しいわ。
最近の私の主食はこれ。
良かったら試してみて。
是非紫蘇ジュースから作ってね。

こんにゃくシーズン始まりました。

  • 2014.12.02 Tuesday
  • 08:42
 

コンニャク


ようやく来年分の新蒟蒻芋が入荷しました。



今年は夏には完売しちゃったので反省も込めてオーダーを増やしました。

芋

蒟蒻芋 50kg!!!!


群馬県川場村の関さんに作付けの時から予約してようやく入荷しました。


蒟蒻って3年かけて作るんです。
4月に畑に植えて育てて12月に収穫してそのまま倉庫で寝かせて、また春が来たら畑に植え替えて冬に収穫して倉庫で寝かせてそしてまた植え替えて収穫して。。。

3年経ったものが丁度1〜1、5kg程度の芋に育ってコンニャクへと変身するんです。

芋蒟蒻芋


蒟蒻芋から作るコンニャクは売っている物と完全別物!!

手作り蒟蒻は蒟蒻芋と水と少量の凝固剤で出来ています。たったそれだけ。


市販のコンニャクは蒟蒻芋を粉末にして保存が利くようにしてから工場で生産されるんですって。
その時に皮を剥かないので黒い点々があるのは蒟蒻芋の皮なんですって。

私のコンニャクは皮をキチンと剥くので黒い点々は入っていません。
そしてとっても柔らかでプルプルしていて美味しい〜。

お勧めの食べ方は断然『生』
お刺身も良いけど私はレッドオニオンとパクチーを散らした『カルパッチョ』がお気に入り。

私の食卓やイベントに参加頂いた方ならその美味しさは判っているわよね?


カルパ

この組み合わせ、

某有名割烹の板長さんに『かやのちゃん、やるね〜。こう組み合わすか〜。う〜ん。』
って唸らせた私の自信作


本当に美味しいんですよ。


お教室も開催します。

コンニャク教室は私のデモを見て頂いた後、皆さんで実際にコンニャク作りを経験してもらいます。モチロン自分たちで製作したコンニャクはお持ち帰り頂きます。
その他にコンニャク8枚分が出来るキット(といっても蒟蒻芋と凝固剤ですが)
をお土産でお持ち帰り頂きます。

蒟蒻芋はすでにきれいに洗ってカットして急速冷凍をかけていますので
後日、勢いのある日にご自身で製作して(復習)お友達や家族に本物のコンニャクの美味しさを教えて差し上げて下さい。代金は5,000円

12月のコンニャク作り教室は25日。なんですが既に定員で締切っています。ごめんなさい。

でも4人集まれば出来るだけ希望日ににお教室を開催しますよ。
コンニャク作りを体験してみたい。習いたいって言う方は連絡くださいね。


それからすでにコンニャク教室経験者でコンニャク手作りキットを購入したい方には別途お譲りします。

モチロン、12月から毎日コンニャクの販売もしています。1枚250円
8枚単位で(一度に8枚しか作れません)配送も承っています。
ご希望の方はアトリエまで、またはご連絡くださいね。


これから忘年会シーズン
まずはお腹をおいしいコンニャクでお掃除してクリーンな身体で臨みましょう〜。








豆乳スープそうめん

  • 2014.08.09 Saturday
  • 08:02
 

豆乳スープそうめん


台風の影響か、多少寝やすかった夕べですが、まだまだ暑いですよね。

夏バテで食欲が無くなった方もいらっしゃるんじゃないかしら??


夏といえばそうめん

葱にミョウガに大葉、薬味一杯で食べるのも野菜が取れていいのですが
タンパク質が不足しちゃいますよね。

でも、だからといって食欲が無いのに肉を食べるのはちょっと

って言う時にうってつけのさらさらっと食べれちゃうそうめんのご紹介です。



豆乳スープそうめん



しっかり冷やした豆乳を使うと涼しくて爽やか〜。
ナンプラーの味も気になりません。


ベジタリアンフードなのになぜがとんこつ風な気がするのは気のせい?

POP炊き玄米

  • 2014.06.25 Wednesday
  • 15:10
 
小豆



サッカー残念でした。


もう後半戦は落ち着いて見ていられなかったので
戴いた小豆の仕分けをしつつ横目でチラ見していました。

仕分け


んんんんんんん〜選手の皆さん、お気の毒です。


残念な結果に心がポカ〜ンとしてしまいましたが気を取り直して



最近発酵玄米を食べている私ですが玄米は一度土鍋で炊いてから改めて炊飯器に移して保温しています。
なぜなら鍋で炊く玄米がふわっと軽くて消化によく美味しいからなんです。


今日はその玄米の炊き方をせっかく仕分けした小豆を入れたVer.でお見せしますね。
小豆は無くても分量は変わりません。


この炊き方、炊いているうちに自然と身に付いて来た方法で(いつも時短、手抜きを目指していますから)自分なりに『POP炊き』と名付けて皆に口伝えしていたんです。

そうしたらコレが秋田では江戸時代からの伝統的な『ビックリ炊き』と知ってビックリ。

まあ、私が思いつくんですもの。先人がご存知で当たり前ですよね。


一応『ビックリ炊き』のリンクを貼っておきます。が、私のとは少々分量が違いますのでここは私なりの方法もリンクしておきます。

POP炊き


どちらにしろ吸水時間がいらず、しかもふわっと食べやすく出来るので玄米は消化が悪いのでちょっと。と躊躇されている方にもお勧めです。


それから私の分量はかなり大雑把ですが今までコレで失敗した事は一度も有りません。
という事は余り神経質にならなくてもうまくいくって事だとも思うので是非一度お試しを。



まずは洗った玄米を直ぐ鍋に入れ2/3の水と塩で強火にかけ沸いたら弱火にして約20分。
水分が無くなるまで炊きます。


玄米

水分が無くなりました。


蟹穴

今日は小豆が入っているので目立ちませんが「かに穴」が沢山空いています。

そうしたらのこりの1/3水をじゃっと入れます。

追い水

このまま蓋をしてさらに水が無くなるまで炊きます。約10分

炊き上がり

炊き上がりです。
ここで全体を良く混ぜてから蓋をして蒸らします。10分以上がいいですね。


蒸らし

見えますか?こんもり盛り上がりました。

今日は比較しやすいように炊きあがりを混ぜないで蒸らしました。が、
それでもこんなに盛り上がりました。

混ぜて天地を返してから蒸らすともっとふっくらこんもりと盛り上がります。


アップ

ん、やっぱり混ぜてから少し置いた写真も撮っておいた方が良かったかしら?
この写真じゃホンワカぶりが見えませんね。

伝わる写真を撮るのって難しいわ〜。

とにかく食べた人は皆口を揃えて香ばしくて食べやすい。って言ってくれます。
食物繊維も取れて栄養素も高い玄米。是非試してみて。



何よりこの方法なら白米を炊くより早く炊きあがりますよ。

糠がでないからざっと洗うだけで良いし。吸水させなくていいし。ねぇ?






トルコ料理

  • 2012.08.24 Friday
  • 09:52
 
これは少し前の話しだけど、先日モスクに行った時に食べたピラフがすごく気に入ったので
早速作ってみました。

ネットでちょっと調べてみたら、
油でしっかりときつね色迄炒めたご飯が入っていると思ったものは
どうやら米粒状のパスタ、リーゾらしい。

なんだ、それなら家にあるわ。しかもサラダ以外に使った事がなくて
なんとなく持て余し気味なパスタだったから、これは消費するいい機会だっ!

という訳で、

コーンピラウ

『コーン入りトルコ風ピラウ』

一握りのリーゾをキャノーラ油できつね色になる迄炒めてから
玄米をいれてさらにお米が熱くなる迄いため、トウモロコシの芯でとったスープと
こそぎ落としたフレッシュなコーンとひとつまみの塩を入れて炊きました。

蓋をしてよ〜く蒸らしてから混ぜて味見をしてみると
何ともやさしい味で出来上がりました。美味しかった〜。

ありったけのトウモロコシの芯でとったスープがよく効いていて
コーンフレイバーたっぷりです。

一緒に

スープ

『ヨーグルトスープ』

も作ってみました。

チキンスープにオートミールを入れ柔らかくなる迄煮えたら
ヨーグルトに卵黄と小麦粉を混ぜたものを入れとろみが付く迄煮て塩少々で調味。
仕上げにミントのみじん切りとレッドペッパーを油で炒めたものを入れました。

熱いときも美味しいけど、翌日冷蔵庫で冷たく冷えたのも美味しかった〜。


両方ともネットでみたレシピを参考に、

白米を玄米にしたり、チキンスープをコーンの芯のスープに変えたり、
またスープのご飯で付けるとろみをオートミールに変えたり、

相変わらずレシピ通りに作るのが苦手な私で変更しまくりですけど、
でも、美味しくできたから、良しとしよっと。




玉葱の丸ごとロースト

  • 2012.06.30 Saturday
  • 08:48
 
もし無人島に一種類だけ野菜を持って行っていいとしたら。。。

私は迷わず『玉葱』を選択するわね。

生でも煮ても焼いても美味しくて、しかもバツグンの出汁を出してくれる。

賢い、いいやつです。玉葱は。

今日はその玉葱を丸ごと焼いちゃうだけ。という豪快なお料理です。


玉葱ローストど〜んっ


今回は白トリュフ(豪華〜)のペーストをトッピングしたけど、
他にはサワークリームやマスカルポーネといったクリーム系も合います。

モチロンシンプルに塩、胡椒、EXオリーブオイルで頂いても。

凄く簡単なのにしっとりジューシーでぺろりと食べちゃいますよ。

えのきのミートソース

  • 2012.06.26 Tuesday
  • 07:11
 
合羽橋

合羽橋でいろいろ買い物して来て、

アトリエについて荷物をほどいてパチリ。

「あ〜、いい買い物した〜」って思ったけど、何か頭の炭に引っかかっている。

「あれ?」

そう、わざわざ合羽橋まで足を運んだのは、ちょっと探し物をしたかったから。

なのに、そんなことすっかり忘れて『買い』に走っちゃった。汗。

フォーとか、スパイスとか、買って喜んでる場合じゃないって!!



最近、こんな事、増えて来た気がする。。。ん?前からだっけ???


パスタ

最近のヒット作『えのきのミートソース』←クリックするとレシピに飛びます。


って、ミート、使っていないけどね。


基本的に何でも食べますが、
割と普段はベジメニューが多い私の食事。

これはなかなか気に入って、他にも味噌ヴァージョンもあるの。
(それは又の機会に)

何たって
フライパンで

フライパン1個で出来るし、作りおきは出来るし。

ランチにもってこいなのよね。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

ブログパーツ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM